ブログ

加齢臭の発生原因とは??

      • 加齢臭の発生原因

 男性は主に40歳代以降、女性では主に閉経後に増加傾向が見られる。

 加齢とともに増加しノネナール発生の原因となる物質の一つは、

 9-ヘキサデセン酸である。9-ヘキサデセン酸には臭いはないが、

 分解されるとノネナールを生成するため、分解した9-ヘキサデセン酸は、

 蝋燭(ろうそく)・チーズ・古本のような臭いがする。

 2-ノネナールはアルデヒド類であるため、アルコールから生成された

   アルデヒドも2-ノネナールの原料となっている。喫煙者の場合、

 非喫煙者に比べて悪臭が強くなる傾向があるが、このメカニズムについ

 てはまだ解明されていない。

   人間の皮膚には無数の毛穴があり、その毛穴の中には皮脂腺があります。

   皮脂腺から分泌される皮脂によって人間の肌や髪は潤いを保ち、守られて

   います。しかし、この皮脂の中にある9-ヘキサデセン酸は過酸化脂質に

   よって酸化・分解されると「ノネナール」というニオイ物質を発生させま

   す。これらの物質は若いうちはほとんどありませんが、40歳を過ぎる

   と急増します。

   さらに、カラダを酸化させる活性酸素も原因の一つ。
   若い頃は活性酸素が発生してもそれを除去するシステムが作動しています   

   が、40歳を過ぎるとこのシステムが弱り始め、徐々に活性酸素は増えて

   しまいます。活性酸素が増えると過酸化脂質が増加し、9-ヘキサデセン酸

   の酸化がさらに進み、ノネナールを発生させてしまうのです。
   また、活性酸素によって酸化した皮脂は、動物性たんぱくが腐ったような

   ニオイがしますから、これも加齢臭の一因であると考えられます。

    以上が加齢臭の発生原因です!

    次回は臭いがよく発生する箇所を発表しますね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る